スペイン_トレド旅行記

| コメントなし

1日目でほとんどマドリッドの名所を回ってしまったので世界遺産の街トレドへ行きます。マドリッドに行く目的の半分がここでした。中世の街がそのまま残ってるという有名な場所です。「行ってよかった世界遺産」の第二位にランクインしているらしいです。ちなみに一位はグランドキャニオン。マドリッドから1時間くらいバスに乗ればつきます。バスが30分おきに出てるから結構気軽に行けるのもいいところですね。


バスに揺られる事1時間。
赤いトレドの街並みが見えてきます。
今まで見たことの無い雰囲気です。

バスターミナルから街まで距離があるので、タクシーで昔の軍事要塞、アルカサルへ移動しました。
中は軍事博物館になっているらしいんだけど、どうしても入り口が見つからない。
どうやら工事中だったらしいです。


雰囲気も楽しみたいので、歩いて街の中心カテドラルへ行きます。
トレドの街は急な坂が多くあります。
大通りもなく、まるで巨大な迷路です。

迷い迷いカテドラル到着。
ここも中は写真撮影禁止です。
「トランスパレンテ」という彫刻は、装飾が細かく綺麗です。


次は、スペインの巨匠エル・グレコの家へ。
ここはさらにわかりづらいところにあります。
エル・グレコの絵が展示されています。
トレドの全景を収めた絵もあります。


トランシト教会にも行きました。
エル・グレコの家からすぐ近く。
この日は休み(?)で入れませんでした。


レアルマドリッドのユニフォームを売っているお店を見つけました。
オフィシャルじゃないけど、質がよくて14ユーロで売っていました。
移籍したばかりのベッカムではなく、ロベカルを購入です。

次はサンタ・マリア・ラ・ブランカ教会へ。
ここは小さな教会です。
大きな部屋がひとつあるだけのいたって簡素な造りです。


更に奥に進むと、サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会。
この教会は、豪華なつくりです。





トレドの街を全体から眺めるためには高台からみたいところです。
道が狭くて建物高いから、どこを写真とってもローアングルになってしまいます。
色々調べたところ、川を渡ったパラドールが非常に景色がいいとの事です。
タクシーで中のカフェテラスに入ると、とてもよい景色です。
空が青くて街が赤い。色のきれいなコントラストを見ることができます。
カテドラルもアルカサルも見えてとても気持ちいいです。
トレドに宿泊するなら、このパラドールに泊まりたいです。

トレドは、非常にいい街だと思います。
マドリッドに行く人は、絶対に立ち寄ることをお薦めします!



ちなみにトレドの名産にマジパンがあります。
食べてみるとすごく甘い。
白あんこの中に、スーパー白あんこが入ってる感じです。


その日は、マドリッドに帰ってショッピングもしました。
近くのスーパーなんかにも入ったりして。
現地のスーパーに入るのもそこそこ楽しいものです。

スペイン_マドリッド旅行記

| コメントなし

2回目の海外旅行はスペインの旅。今回も安いHISツアーで行きます。ツアー名は、「マドリッド・バルセロナ7日間の旅」。「ルパン三世 お宝返却大作戦!!」という2時間TVアニメをみて、サクラダ・ファミリアに行きたい!と思ったのがきっかけです。空港までは成田エクスプレスで行きます。長旅のために体力を温存すると考えれば、値段も気になりません。

今回の旅はブリティッシュエアウェイを使います。
ロンドンのヒースロー空港経由、マドリッド空港行きです。
気流が乱れてるのか、今回の飛行機はかなり揺れました。


前回は機内食がおいしくなかったので、今回もあまり期待してなかったら、これが結構美味しい。
イギリスの航空会社だから大味と思いきや、意外と味がよいです。




飛行機に揺られる事12時間以上。疲れる・・・。
海外旅行はこれだけが辛いです。

ヒースロー到着。
ヒースローってターミナル間をバスで移動するのが多いみたいです。
成田空港で言われたとおりにバスに乗って搭乗口まで行ったら、搭乗予定の便が無い。
右に左にさまよう事30分。
結局分からないのでインフォメーションで聞いたら、イベリア航空の便に乗ってくれとのこと。
国際迷子になるところでした。

マドリッド空港到着。
噂によるとマドリッドは「日本人にとってヨーロッパ一治安が悪い」らしい。
向こうの人から見れば、日本人は襲い易いんでしょうね。
びくびくしながら、HISの係員とワゴンでHOTELへ行きます。

             
ここでのHISの係員の話によると、
マドリッドではこの時期首絞め強盗が多発との事。
3人ぐらいの大男が首絞めて気絶させてからバックごと持っていく手口。
「狙われたら絶対やられます!」だって。
そんな無責任な・・・。

今回のHOTELはホテルプラガという一応四つ星ホテルです。
広くていいホテルです。
シャワーが固定ってのは日本人には辛いですが。
その日は死んだように就寝zzz。



マドリッド2日目

初日はマドリッドの半日観光へ。
昨日、HISの人がしつこく「強盗に気をつけろ!」っていうからTAXiで集合場所へ。

集合場所はスペイン広場です。
スペインはタクシーでは英語通じないです。

集まってみると、参加人数はたった4人!さみしい・・・。
早速、目の前のスペイン広場へ。
大きくてきれいな公園です。
スペイン広場はいろんな都市で目印の変わりにあるみたいです。


次はバスに乗って王宮へ。
やっぱマドリッドといえばここは有名です。
なんか色々歴史があるらしく、添乗員さんが説明してくれたけど忘れてしまいました・・・。


マドリッドの中心地、プエルタ・デル・ソルを車窓から見学です。
中心ってだけでそれほど見所もないです。
馬のほかに熊の銅像もあります。


その後はプラド美術館へ。
絵がとても多いです。
「受胎告知」「ラス・メニーナス」「三美神」など有名な絵画があります。
基本的には絵ばかりの美術館です。


半日観光が終わって自由行動です。
マドリッドといえば、誰でも知ってるレアル・マドリッド。
その本拠地、サンティアゴ・ベルナベウスタジアムへ行きます。
少し街の外れにありますが駅の目の前です。

なかに入ってみると数え切れないくらいのトロフィーがあります。
あとはスタジアムのスタンドにもちょっと入れます。
ホントは試合も見たかったんだけど今は値段跳ね上がって2万円位するらしいです。




次はソフィア王妃芸術センターへ。
ここで有名なのはピカソのゲルニカです。

現代芸術のよくわからない絵が多いです。
で、ゲルニカの部屋に到着すると、その大きさに驚きます。
白黒だけど迫力あります。
中は写真撮影禁止だったのが残念です。。

その後は、プエルタデルソルでショッピング。
レアル・マドリッドのオフィシャルショップがここにあります。

ちょっと修道院も見たいなーと思ってデスカルサス・レアレス修道院へ。
なんか並んでるからとりあえず入ると、「スペイン語だけの説明だけどいい?」との事。
そこで、つい「OK」って答えたのが間違いでした。
1時間スペイン語ツアーに参加する羽目に。
全く意味がわからず、かなり苦痛でした。


帰りはTAXiで一回ホテルへ帰り、夜8時くらいになってから再出発します。
同伴者がフラメンコのカスタネットが欲しい、
というからとりあえず地球の歩き方に書いてあった楽器屋へ行きました。
値段を聞いたところ、カスタネット2個1組で30ユーロ。
かなり高いです。

この日はパエリアクーポンを持っていたので、それを使って食事しました。
大きなフライパンで持ってきて、近くで一人分に分けてくれる。
量が多い!
あまりおいしくはありませんでした。


帰りはまたTAXiでホテルまで移動です。
タクシーは安いといっても1回5ユーロくらいはかかる。
数乗ると結構痛い出費です。

ところで、スペインもやたら日本のアニメが多いです。
他の国とは比べ物になりません。
ドラえもんにポケモン、幽遊白書、クレヨンしんちゃん。
もちろん全部スペイン語だけど、TV見てても退屈しないものです。

フランス_パリ旅行記

| コメントなし

1夜明けてパリでの初日。HISのツアーはここでも半日観光がオプションつきです。とりあえず電車に乗って集合場所へ行きます。当たり前だけど、どこ見てもフランス語ばかり。英語と違い、最初は地下鉄の入口も出口もわからない。駅もなんて読めばいいのか全くわからない。とりあえずオペラ座近くの集合場所に到着です。バスに乗り込んでコンコルド広場へ。

マリー・アントワネットの打ち首をしたことで有名です。
とても広く、パリはどこも規模が大きいです。


次はエッフェル塔へ。
バスから降りて、見通しのいい高台からエッフェル塔を見てみると、工事中!?
東京タワーよりは趣きはありますよね。。


次はシャンゼリゼ通りを通って凱旋門へ行きます。
パリは車が多いです。
この道は国際免許とっても絶対運転したくない!とか思ってたら凱旋門のロータリーへ。
これはかなり大きい!どんな頑張ってカメラ向けてももフレームアウト・・。
結局凱旋門はバスで見ただけだけど、やっぱり歩いていきたいところですね。


半日観光の最後は、パリの中心点があるノートルダム寺院へ行きます。
ここはパリの学生街なのか、若いフランス人が多いです。
外観もきれいだけど、中もすごく広くてきれい。
椅子に座ってちょっと目を閉じてのんびりするものいい感じです。
               

半日観光が終わってまずはルーブル美術館へ行きます。
パリに行ったらモナリザは絶対に見ておきたいですね。
中に入るとすごく広い。
透明なピラミッドがあり、人の流れを見るとそこが入り口の模様です。
パンフレットと簡単な案内図は無料でもらえます。


とりあえず、ミロのヴィーナス、サモトラケのニケ、モナ・リザだけでも見たいです。
ミロのビィーナスに直行してるはずなのに右に左に上へ下へ…。
本当に迷路のようです。

かなり歩いて、やっとミロのヴィーナスがありました。


さらにすすむと階段の真ん中にニケがあります。
こんどは頭がない…。
何かが足りない方が、名作になるのかもしれません。


最後の目的、モナリザへ。
このフロアだけすごい人口密度です。
モナリザは、思ったより暗くて小さな絵です。
小さいけど、力強さを感じる絵画です。


これ以上見てると体力的に動けなくなってしまいそうなので、とりあえず違う場所へ。
まずは、パリで一番おいしいというチョコ屋に行きます。
『ジャンポールエヴァン』というルーブルの近くにあるお店です。


入ってみたら結構日本の店員さん多いです。
値段は、正直ビックリするほど高い。
小さなチョコ4個で1000円。

しょうがないからそれ買って日本に帰った時のおたのしみに。
帰って食べたら普通においしいくらいだったけど…。
それにしてはチョコレートケーキなんかは意外と安いです。


次はコンシェルジェリーへ。
自分はここのことを知らなかったけど、マリーアントワネットが入ってた牢獄らしいです。
入り口は小さいですが、中は広いです。

その後はオペラ座付近のデパートでショッピングしました。
50ユーロのフルコースを予約したので、それまでの暇つぶしです。
予約したお店に行く途中にノートルダム寺院通ったら、ライトアップされていてすごくきれいでした。
夜の景色は違う味があっていいですね。

さて、レストランに到着。
雰囲気も良く、味もおいしい。ただ量が多いです。
デザートもかなりいけました。






パリ2日目

この日はベルサイユ半日観光バスツアーに申し込みました。
ベルサイユ宮殿はいつも混んでいるけど、この季節(3月)は空いてていいらしいです。

ベルサイユはどうしても行きたかったけど遠いからツアーで行っちゃったほうがラクかなって。
集合場所に行ったはいいけど、日本人が少ない…。
なんか日本人だけのツアーじゃないみたい。
バスの中には聴診器みたいなぷらぷらしたイヤホンついてて、テープでベルサイユの説明をしてくれる。
日本語ありってとこがいいですね。。

               

ベルサイユ到着。
天気もいいしとてもきれいで、すがすがしいです。
宮殿の右手に入り口があり、そこから入場します。
宮殿内部もひとつひとつのつくりがまた細かい。
いろんな部屋を回って、有名な鏡の回廊へ。
鏡はきれいに反射するわけじゃないけど、よくこんなの作るって思います。




さて、一通り中は廻ってベルサイユの庭園へ。
庭は先が霞んで見えないほど広いです。
あまり遠くへ行き過ぎると時間内に帰れなくなりますね。


この後は旅の終わりとしてオペラ座付近でショッピングしました。
本場のビィトン、ディオール、エルメスとか買おうとしたけど、結局手が出ませんでした・・・。

ヨーロッパ最後の夕食はホテルのレストランで。
フランスもこういうレストランは豪快ですね。
おいしいけど、またもや食べきれない。

初めての海外を満喫した旅でした。

イギリス_ロンドン旅行記

| コメントなし

今回の旅は、管理人の初海外旅行です。海外に行ってみたいものの、どうやって行けばいいのか最初は全く分からず。。自分の理想の旅行は、「安く 楽しく! 自由に! 効率よく!」手配旅行も良いけど、最初からは不安だし、完全ガイドも良いけど、全部ガイドに連れられて歩くのも好きじゃないし…。

いろいろ調べてみると、HISのツアーが一番安くて、自由時間が多い。。
そこで、目についたのが、

ユーロスターで行くロンドン・パリ8日間

初海外は、パックツアーの王道から行くことにしました。


成田エクスプレスで成田まで向かいます。
成田エクスプレスはとても楽です。
出だしから疲れたくない人・神奈川県在住の人は、ちょっと高くても使ったほうがいいと思います。


成田空港に到着。
パスポートチェックが何回もあることにびっくりしました。
この旅は、スカンジナビア航空でデンマークの首都、コペンハーゲン経由です。

飛行機に乗り、日本に別れを告げます。
少しすると、早々スカンジナビア航空の機内食が。
梅のおにぎりもあるけど、あまりおいしくないです。
機内食って結構憧れだったのに、口にはちょっと合わなかったです。
自分は出発する前に日本食を食い溜めしておいたほうがいいみたい。


コペンハーゲン経由って言っても、ユーラシア大陸は広大で、時間的にかなり暇。
行けども行けども、着かず。時計ばかりを気にする時間が続きます。
座席にモニタはついてるものの、映画は英語音声・英語字幕。

今日本で上映中の007を見ようと思ったけど、3回見ても理解不能、意味不明。
最後はヘッドホン外して見てる始末。
次に行くときはもうちょっと英語勉強していきたいです。


なんとかコペンハーゲン空港到着。
この時はすでに身体はげっそりで、座りすぎでおなかも調子悪い。
どうやらじっと座ることが苦手らしいです。

とはいってもついに初海外、初ヨーロッパ。
降りたら外人ばかり。
いや、向こうからするとこっちが外人?
最初は歩いているだけで、とてもドキドキします。

1回出国審査を受けて、また入国します。
空港ではユーロの紙幣が使える。
とりあえず売店で濃いジュースを購入しましたがとてもおいしいです。

3時間ほど後小さな飛行機でヒースロー空港へ。
ジャンボジェットと違って、かなり揺れます。
一眠りして目が覚めると…窓の外にはオレンジ色の光が見えます。
日本の外に出たことのなかったhideyにとっては、すごい感動です。

空港では、HISの添乗員さんがいてそこからはバスでホテルで直行します。
NOVOTEL WEST HOTELという三ツ星ホテル。
ハマースミス駅から徒歩3分程度です。
ホテルの係員はすごい丁寧で、部屋はカードキーです。
部屋もきれいでかなり広いほうだと思います。
朝食は部屋に持ってきてくれるとこが変わったホテルらしい。





朝食は本当に部屋に持ってきてくれた。
意外と時差ボケも平気です。
普通に起きて朝食を食べましたが、パン・ジャム・紅茶・ヨーグルト…。
たった、これだけ?
これでもイギリスでは豪華なほうみたいです。
   
半日観光がオプションでついてるので、最寄り駅のハマースミス駅に直行します。
ロンドンの朝は気持ちいいです。
明るくなって見渡すロンドンはカルチャーショックで、ずっとディズニーランドにいるような錯覚になりました。
ハマースミス駅は、郊外なので地下鉄なのに地下じゃない。
最初はただの駅でも写真撮影をします。


半日観光集合場所の「いぎりす屋」に到着。
ロンドンのHISのツアーの集合場所はほとんどここです。

目の前に公園と大きい銅像があります。
それに、赤い電話ボックス・赤いバス!
いかにもロンドンという感じで感動しました。




人数集まって半日観光へ出発します。
ざっと30人くらいです。
2階建てのバスで向かいます。
まずはテムズ川をはさんでみるビック・ベン。
ガイドブックどおりで、存在感抜群。


次は、バッキンガム宮殿で、有名な衛兵交代を見学。
運の悪い日は見れないみたい。外国人観光客の芋洗い状態。。
ガイドさん曰く、もこもこした帽子は背を高く見せて威圧する為らしい。


ちょっと奥に進むと、衛兵との写真撮影できるところがあります。
宮殿の裏門を守ってるみたいです。ここでも衛兵が交代。
交代し終わったら一気に写真撮影。
衛兵さんも大変です。
普段はじっとしてるけど、何分か置きに10歩程度の見回りをするみたい。
10歩程度で見回りといえるのか疑問です。
写真は、見回りに出る直前を捉えた決定的瞬間です。


半日観光が終わったのでキングスクロス駅のホームへ行きます。
ハリーポッターの映画を見てから、ここは絶対に行きたいと思ってました。

駅は長距離用の駅らしく、トランクを持った人で結構混雑していました。
ん!あれこそハグリッドが消えた橋(左上)!
渡りきってみると真ん中にがらがらのホームが。
あれが9と4分の3番線に行くホームっぽい。
でもこれこそハリーとロンがぶつかったです。
人の目が気になるから突撃は中止です。
万が一魔法の国に行っちゃったりしても困るし。


その後は地下鉄を使って、大英博物館へ。
その前にちょっと腹ごしらえ。
ふと見つけたカフェでサンドイッチを購入です。
普通においしいけど、これは日本でもあまり味は変わりません。


大英博物館に到着しましたが、
中は広すぎて、とても1日では全部見れません。
入場無料だけど、この写真の屋根の真下位に募金箱があるみたい。
小銭がなかったのでついつい素通り。
とりあえずエジプトのミイラ中心に見学しました。


場所は移ってシティ周辺。
ここには赤い二階建てのバスで移動。
ロンドン塔とタワーブリッジが近いのでまとめて見学です。

到着したと思ったら、あれ?なんか何もない…。
ふと見るとタワーブリッジがテムズ川の向こうに…。
慌てて引き返してバスの運転手に聞いてみると、ここはロンドンブリッジ、タワーブリッジは向こう!との事。
パニックになっていたら丁寧にタワーブリッジに行くバス停教えてくれました。
タワーブリッジ到着。なかなか迫力あります。
タワーブリッジを歩いてわたってロンドン塔側へ。


ロンドン塔の入場料はちょい高めです?
この時は日本円で2000円くらい。
学割あるらしいから大学の日本語の学生証を提出。
一応、日本の学生証だせばOKみたいです。
ここは昔は処刑場だったみたいで歴史を感じる。
結構暗い歴史の場所でもあります。

    

ロンドン3日目

この日は月曜日で人も結構多い。
とりあえず今日は昨日と通っただけのビッグベンを見る為に、ウェストミンスター駅へ。
地下鉄おりてすぐビック・ベンが見えます。
テムズ川をはさんでみるのもいいけど、近くで見るのもなかなかいいです。
ここのもう一つの見所はウェストミンスター寺院。
ビックベンの隣だけど入口が見つからない。
やっと入り口らしきところに着くと月曜は観光客お断りの札。
理由は分かりませんが、お休みだったみたいです。


次はセントポール大聖堂へ。
今はセントラルラインが止まっているとの事なので歩いていきました。
中はステンドグラスがすごくきれい。
ちょっと地下もあって迷路みたいです。


イギリスといったらプレミアリーグです。
そして、ロンドンといえばガンナーズことアーセナルです。
試合は見れないけど、スタジアムを観にいきます。

最寄り駅は、試合のやっていない日はもちろんガラガラ。
市街地の雰囲気がある街です。
行ったはいいけど、スタジアムが見当たらず、うろうろしてると、
街のおじさんが「~~アーセナルスタジアム?」とかなんとか話しかけてきた。
親切にわかりやすい英語で道を教えてくれた。
サッカー好きはみんないい人です。
本場のフーリガンは相当怖そうですけど。
グッズショップに行ったはいいけど結構高くて手が出ませんでした。



ロンドン4日目

ロンドンとは今日でお別れ。この日は移動日。
今度は、ユーロスターでパリへ行きます。
HISのバスがホテルに迎えに来てくれてからそのままウォータールー駅へ。

出国入国は、荷物チェックとパスポートを見せれば終わり。
ポンドを使い切る為にいろいろ買い物しました。

ユーロスターは、良くも悪くもロマンスカーみたいです。
サービスといえば、最後に飴玉が配られたくらいです。
2等車だったからかな?


フランス到着。
この近さなのに時差1時間。時間でいうとロンドンから3時間。
もうフランス語ばかりです。

パリではキリアド・ラビレットホテルに宿泊します。
とりあえず今日は近くのスーパーで夕飯を済ませる事に。
こっちのスーパーって1回入ったら何か買うまで出られない仕組み。
レジもやり方わからないし…。
レジのお姉さんは英語しゃべる気さらさらなし。
ロンドンと違って、パリは結構冷たい?とりあえずお菓子とハンバーガ買ってホテルで食べたけど、これもいまいちでした。

パリ旅行記に続く。