FIFAクラブワールドカップジャパン2011を見てきた

| コメントなし


クラブワールドカップ2011決勝戦、3位決定戦を見てきました。場所は日産スタジアム。クラブワールドカップの観戦はこれで3度目ですが、今回は最強バルサが来日するので、気持ちの高まり方が違いました。結果と感想は以下のとおり。






3位決定戦
柏レイソル対アルサッド
0-0(PK3-5)

決勝戦
バルセロナ対サントス
4-0

感想
・バルセロナ強すぎ。ポジションが目まぐるしく入れ替わり、何が起きているのか分からない時がある。
・ダニエル・アウベスはもはやFW。あそこまで攻撃的なDFは世界中でもそういません。
・ブスケツはとてもうまくバランスをとっている。ピケとプジョルのフォローが完璧。このチームで彼はディフェンスのキープレーヤー。
・シャビが非常に効果的にチームを動かしているのはよく分かる。ボールの展開力がすばらしい。
・セスクが前半消えていたのが残念。ただし、要所要所で顔を出すセンスがすごい。
・メッシの足技は言うまでもないが絶品。DFに確実に取られると思う場面でも抜いてしまう。一瞬の加速が半端ない。
・ネイマールはサントスの中では別格。チーム力では負けていたものの、個の力ではバルサ同等。






チケットは高額でしたが、見に行ってよかったです。おそらく、今のバルサは史上最強のチーム。90分間の最高のショーを見せてもらいました。

   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ


コメントを残す

* :入力が必須な項目です。