アメリカ_ボストン旅行記

| コメントなし


管理人4回目の海外旅行はアメリカです。ボストンで学会があるのです。ということで、今回も観光はおまけです。でも、考えてみればアメリカ初上陸。今まで行ってきたヨーロッパとは違う刺激を求めて出発です!今回は、HISのツアーではなく格安航空券を使って行きます。とりあえず成田空港へ。

地元の駅から出ているバスを使って向かいます。バスの乗客は3人。ガラガラです。


今回は学会ということもあり、ノートパソコン持参。
そういえば、成田空港は無線LANが繋がるの?と思い、ネットワークを検索。
すると、500円@1日で出来ると無線LAN用IDがゲットできるらしい。
クレジットカード番号さえあれば、あっという間に繋げます。

今回は、コンチネンタル航空を使って、ニューヨーク経由-ボストン行きです。
ちなみに日本からはボストンへの直行便は出ていません(2005年現在)。

さて、出発1時間後には機内食が出てきます。
機内食は相変わらずおいしくない。
アメリカの航空会社って事で期待はしてないけど、予想通りの味でした。


ニューヨークのニューアーク空港に到着。
アメリカ西海岸は遠すぎです。
相変わらず、到着時にはげっそりです。

さらに、トランジットで飛行機が遅れ、約2時間ニューヨークで足止め。
ボストンのローガン空港に着いたときにはまさに満身創痍でした…。

宿泊ホテルはHilton Boston Logan Airport。
名前のとおり、ボストン・ローガン空港直結のホテルです。
とはいってもこの空港はとても広いので、
ターミナルからはシャトルバスで移動します。




中に入ってみると、ロビーの開放感がすごいです。
ロビーにはスターバックスが入っていて朝食には便利です。

到着日はスーツケースほったらかしで爆睡。


次の日は地下鉄を使って観光です。
Bostonの地下鉄は、

・ブルーライン
・オレンジライン
・レッドライン
・グリーンライン

と名前がつけられた4本の路線から成り立っています。
全てボストンの中心部から放射状に伸びています。
空港はブルーラインのAirport駅にあります。
ここからボストン中心部へと向かいます。


まず最初に訪れたのがグリーンラインCoplyという駅。
ここのコープリースクエアという場所で学会があるのです。
駅を降りてみると、近代的な建物の中に赤いレンガの古い建物が建ち並んでいます。
今まで見たことのない雰囲気ですね。


降りてすぐ、トリニティ教会があります。
ここだけは、歴史の重みを感じさせますね。
中はステンドグラスで彩られています。


学会が行われるコープリープレイスへ。。
この場所はボストンマラソンのゴールでも有名な場所です。
中は、ホテル、オフィスビル、デパート、ブティックが並ぶ、大型ショッピングモール。
お土産やさんというより、地元民の遊び場所って感じです。




次はマサチューセッツ工科大学、通称MITに向かいます。
ボストンはやっぱり学問の町。
ボストン大学、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学等等、
有名大学は数多くありますが、ここは自分も理系の端くれ。
世界のエンジニアの卵が集うMITに行くことにしました。

行き方はレッドライン、MIT駅で降ります。
さて、中に入ってみると超奇抜な建物が目に入ってきます。
やっぱり凡人と天才は考えることが違うのでしょうか。
でも、学生はみんな楽しそうで活気がある。
とてもよい雰囲気の大学です。


そろそろショッピングをしましょうか。
おみやげ屋さんに行きます。
ボストンでお土産を買うならここ!というのがQunicy Marketです。
ブティックだけじゃなく、レストランやお土産やさんも充実しています。
若さに満ち溢れた場所で、活気がありますよ。。


ボストン観光はこれで終わり。
観光じゃないんで、時間的に回れるのはこの位です。
ボストンはアメリカの中では歴史、趣のある街。
学生たちが行き交い、活気にあふれる街でもあります。

次はニューヨークに出発です!!

ニューヨーク日記に続く

   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ


コメントを残す

* :入力が必須な項目です。