ドイツ_ワイマール旅行記

| コメントなし


次はゲーテ街道の一つの街ワイマールへ。ワイマールといえば、歴史の時間に習う憲法が思い浮かびます。実際に行ってみると、非常に文化的な街だということが良くわかります。今回も電車を使ってイエナからワイマール駅へ。電車に乗ると、土色の広い景色が続きます。


さて、ワイマールの駅に到着。
ここは、ドイツの駅の中でも大きな駅だと思います。
駅の雰囲気もレトロで、非常によいです。


ワイマール駅から、街の中心地までは結構歩きます。。
バスを使えばいいんでしょうけど、街の雰囲気を楽しむには歩きで丁度いい距離です。
まず、駅から歩いて最初に見えるのが国民劇場です。
ここには、あのゲーテとシラーの像が建っています。
ワイマール憲法もここで採択されたらしいです。
この時は工事中でした。




ほぼ隣にバウハウス博物館があります。
バウハウスとは、昔の建築美術学校みたいなものです。
入りませんでしたが、なかなか面白いらしいです。


さらに進むと、市庁舎と大きな広場に出ます。
ここでは、、地元の人が結構集まってにぎわっています。
いろいろ露店も出ていますし。。
市庁舎の前には、白い風船を付けた車が止まっていて、何かイベントしてました。


さらに歩いていくと城があります。(ここまで駅から20分は歩きます…。)
今はワイマール公の城が、美術館になっています。
ここも外観は工事中でした・・・。。


ワイマールはゲーテが住んでいた場所としても有名です。
この黄色い家がゲーテの家。
ちょっと入り口が分かりづらいです。
中は、広い庭や色々な部屋、美術館からなっています。
「もっと光を・・・」の言葉を残したとされている、ゲーテの寝室も見学する事ができますよ。


さらに、音楽家リストが住んでいた街でもあります。
リストの家もありますが、さらにわかり辛いです・・・。
ほぼ、ふつうの民家。
観光客もあまりいないので、入り口を開け辛いです。
中は3部屋ほどの小さな家ですが、大きなピアノもあって、非常に雰囲気のいい家です。
自分は、ゲーテの家よりもこちらの家に住みたいです。


ワイマールは、ゲーテ、シラー、リストを代表するように、ドイツ文化の中心地。
街並みもエアフルトとはまた少し違った雰囲気があります。
もう一度来て、じっくりみたいところです。

   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ


コメントを残す

* :入力が必須な項目です。