宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術を読んでみた

| コメントなし



宮本恒靖選手は以前から好きな選手だったので、書店で目にとまったので買ってみました。ワールドカップのマスクマンとクレバーな守備が印象的だけど、この本に関してはもう少しサッカーに関して、知的に深掘りをしてほしかったなぁ。

基本的には、ボール中心にサッカーを見るのではなく、ピッチ全体をゾーンとしてみること、オフプレー時での選手の動きに注目することが「サッカー通への近道」と言っています。ただ、実際にサッカーを経験したことのある人なら、そんなことは常識。ほとんどの人がテレビに映るゾーン全体を見渡しながら観ていると思う。この本に書かれているスローイン前やCK前の駆け引きも、最近ではサッカー観戦の常識だし。

ただ、「柳沢はえさをまくのがうまい」・「前田はFWに必要な技術の全てがハイレベル」等、実際に対峙した際に感じたイメージを語っているのはとても読んでいて面白い。
壁の作り方に関しても、へーここまで考えているんだぁと思うようなこともあるしね。「助走が短い選手はPKを外す」というのはよく言われるけど、「間の悪い選手はPKを外す」というのも違った観点で面白い。

サッカー観戦初心者には、ためになって面白い本、サッカーをある程度知っている人には、実際に体験した裏話が面白い本かな。

   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ


コメントを残す

* :入力が必須な項目です。